• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > バックナンバー > 2017年4月号の紹介

2017年4月号の紹介

【特集】

■環境をつくる

 MA(Modified atmosphere)パッケージとはよくいったもので、パッケージ内のガス濃度などを調整し、なかの食品の鮮度を保持する技法で、主に生鮮品のパッケージに用いられる。ある知人が「欧米人は完成されているが、日本人は進化の途中だ」といった。
 何が基準かといえば、生物として水から上がってからである。欧米人は体内の水を外に逃さないためのシールドをもつが、日本人はまだ上がって間もないためにシールドはない。いわば内と外との風通しがよいわけである。出る水もあれば入る水もあり、環境とのコミュニケーションは良好である。
 つまり一概にMAといっても、日本人と欧米人では考え方がまるで違うから、技法も違ってくる。まさしくシールド内のMAと、シールドを超えたMAの違いといえまいか。

■多様かつ新たなインターフェイス
■開放系の魅力と可能性
■水に対する日本人の感性

【トップインタビュー】

【連載】

【Market Products】

■1800年代頃に人気のあった“ウィーンスタイル”を再現したラガービール

「ブルックリン ラガー」◎キリンビール

■食材にかけるだけで濃厚なパクチーの風味を楽しめる風味ソース

「アジアンテーブル かけるパクチー」◎キユーピー

トピックス

■手軽に「抹茶」飲用を楽しめる新サービス
ネスレ日本

パッケージのタネ

■芽キャベツ
■巻頭言
■未来創造
■随筆
■News Flash
日本包装機械株式会社 シュリンク包装
共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー