• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > バックナンバー > 2017年7月号の紹介

2017年7月号の紹介

【特集】

■パッケージ・スモーラー

 「switch」の次は「small」か、などと思わないでほしい。またまたドイツのハノーバー視察で宿題をいただいた。「あんな小さなパッケージをつくるのに、包装機は大きすぎないか?」というものだ。もちろん機械メーカーは「随分とコンパクト化をしている」というだろう。
 大事なのは、こうしたある分野ではプロの眼をもつ素人目線である。もう故人となった包装のプロがしみじみと言っていたことが耳から離れない。「概していえばわれわれはできることをやってきただけで、包装の現場はまだまだ課題だらけである」と。
 目の前にあるパソコンとは比較できないが、ときとともに性能や機能は向上しながらも、より薄く小さく低価格となっている。様々な社会要因の変化から、日本だけでなく世界中のニーズはパッケージの個包装化に向かっている。いよいよ求められるサイズはスモールになる。
 それに合わせてマシンもサイズダウンしてゆくのは自然の流れかもしれない。パッケージは生活のなかで用いられるものであり、産業用だけでなくコーヒーマシンサイズのパーソナルユースがあってもおかしくはない。もちろんスモールが「善」というわけではなく、意味のあるサイズというものが求められよう。

■生活人としての視座
■未来を希求した位置づけ
■奥ゆきのある未来

【トップインタビュー】

【連載】

【Market Products】

■六角形のびんボトルに6つのボタニカルのデザイン

ジャパニーズクラフトジン「ROKU」◎サントリースピリッツ

■水性フレキソ印刷によるロールラベルで環境負荷低減した新ボトル導入

ミネラルウォーターブランド「い・ろ・は・す 天然水」◎コカ・コーラシステム

トピックス

■デジタル印刷による200万種以上のデザイン展開
ロッテ

イベント

■出展企業1,860社規模の開催で、63,000人の来場者を見込む
インターフェックス ジャパン 2017
■巻頭言
■随筆
■News Flash
日本包装機械株式会社 シュリンク包装
共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー