• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > バックナンバー > 2018年2月号の紹介

2018年2月号の紹介

【特集】

■シェア・パッケージング
 「シェア・パッケージング」といっても、けしてパッケージをシェアするということではない。ただ昨今の商品開発におけるコラボレーションでは、それぞれ強みの素材を1つのパッケージに同梱(もしくは添付)して、飲食のときに混ぜ合わせるといったスタイルもあるから、無くはないのかもしれない。  ここでは主に、パッケージング(包装・充填・梱包)の生産設備でのシェアを考えてみたい。もちろん企業の常識を逸するむずかしさはあろうが、いわば変化の過渡期における臨時対応策である。変化の先を見据えた現在の(インフラを含む)設備課題といったものを考えれば、リセットといったことが必要となろう。  だが、現実に設備やインフラをリセットするのは膨大な負荷がかかる。ゆえに(負荷を最小限に)自然な移行を進めるといったことでの、いわば設備シェアである。端的にいえば、それらを上手に組み合わせたシステムが「シェア・パッケージング」である。
■モノづくりを見直す「シェア」の発想
■生活価値創造の第三の視点
■所有から利用へのシフト

【トップインタビュー】

【連載】

■靜風インドネシアをゆく「モノと生活と人との間にあるもの」
山田靜風

【Market Products】

■ビタミンCを1.5倍に、グリーンのパターンで高品質感を訴求
濃縮されたレモンの味わい「サッポロ キレートレモンサワー」◎サッポロビール
■ライフイベントや季節のフレーバーとパッケージデザインの新シリーズ
自販機限定の缶コーヒー「ジョージア ブラジルブレンド」◎コカ・コーラシステム

トピックス

■亀田酒造との協力で飯用米で造った「日本酒」
良品計画

World View[ワールドビュー]

■皮膚感覚でつくられるパッケージの情緒
■巻頭言
■随筆
■News Flash
日本包装機械株式会社 シュリンク包装
共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー