• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > バックナンバー > 2018年3月号の紹介

2018年3月号の紹介

【特集】

■パッケージと感覚

 105歳の美術家は「絵画を鑑賞するときは、解説は忘れて絵画が発しているオーラそのものを、自分の感覚の一切で包み込み、受け止めるようにします」という。今、ふっと頭に浮かんだ「パッケージ」と「感覚」を並列させて鑑賞している。
 なぜ「パッケージと感覚」なのか。それは分からない。ただじっと鑑賞していると、何か並びのバランスがいい。そこに何かあるのかもしれないが、果たして次号までに、そこにたどり着くのか不安は残る。だが、鑑賞をつづけてみよう。それが感覚を磨くことだという。
 「感覚は磨けば、磨くほど、そのものの真価を深く理解できるようになります」との美術家の言葉を信じて、鑑賞をつづけてみよう。もう真価はそう遠いところにはなさそうだ。

■「感性」とは受容能力
■主観が宿す「客観性」
■感性を磨く「経験」とは?

【トップインタビュー】

【連載】

【Market Products】

■ビール定義の改正を背景に多彩な味わいのビール類を提案

フルーツビールから始まる新しいビール「海の向こうのビアレシピ」◎サントリービール

■クラフト感を訴求した500mlサイズの紙パックと3LサイズのBIB

紙製容器入りワイン「ボタ・ミニ」「ボタ・ボックス」◎アサヒビール

世界に学ぶ

■リニューアブルとダウンサイズ

トピックス

■ I4.0、AI、IoTとは?
■巻頭言
■随筆
■News Flash
日本包装機械株式会社 シュリンク包装
共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー