• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > 包装ナビ > 株式会社細川洋行

包装ナビ

株式会社細川洋行

株式会社細川洋行は1949年に創業。セロファンの印刷からスタートして国内の軟包装印刷、コンバーティングメーカーとして業界をリードしてきた。ソフトボトル、スリーブ・イン・パウチ、FCカット、FBパウチなどの新規技術、オリジナル包材の発明により現在ではこれらの技術がヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアなど全世界で幅広く使われている。

主力機種

ソフトボトル

「ソフトボトル」はプラスチックボトルやガラス容器、金属缶に替わる新しいタイプのボトル容器である。胴部がフレキシブルなフィルムであるのが最大の特徴。従来のガラス容器や缶と比較して使用原料が少なく、軽くてハンドリング性にも優れている。高いバリア性と美粧性を兼ね備える一方で、使用後にはコンパクトに収縮し、大幅なごみの減容化を実現する。こうした利点が評価され、国内では工業品や化粧品用途ですでに多数の採用実績を持つ。現在、食品用途での開発も進められ、環境問題への高い関心を背景に、幅広い分野での利用が期待される。

  • 食品用ソフトボトル

  • スリーブ・イン・パウチ

  • REパウチ

会社概要
社名 株式会社細川洋行
代表者 山田 積貞
本社所在地 東京都千代田区二番町11番地5
電話番号(代表) 03-3263-1461
支社 大阪支店
主な事業内容 各種軟包装材の加工販売及びプラスチック成型品の加工販売、包装機械の販売、
その他包装システムの企画開発
製品問い合わせ(開発部) 03-3263-1475
URL http://www.hosokawa-yoko.co.jp/