• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > 包装ナビ > 光洋自動機株式会社

包装ナビ

光洋自動機株式会社

独創的なアイデアと技術、迅速なフットワークを武器に、ラベリング技術のパイオニアとして医薬品や飲料、洗剤をはじめ様々な製品のラベリングの自動化と、常に新しい技術開発に挑戦し続けている。時代変化を呼吸し、顧客ニーズを的確にとらえた新しい価値と新技術の提案を信条とする。

主力機種

医薬用シリンジアッセンブルラベラー
LKS-140TA

プランジャロッド巻締とバックストップ装着、ラベリングを連続モーションで行う一体型の医薬用シリンジアッセンブルラベラーである。ロッド巻締にはサーボモータ方式とメカ方式とがあり、顧客ニーズにより選択可能である。またラベリングにはドラム方式を採用し、自社開発の専用制御装置との併用により高い精度を保証する。自社開発の樹脂シリンジ対応特殊ドラムやNGラベル排出装置は特許出願中。他にも、サーボ駆動により高精度な送り制御を実現したストレート型シュリンクラベラーやPET用フィルムラベラーなど幅広く品ぞろえする。

  • シリンジアッセンブルロータリ

  • PET用フィルムラベラー
    LR-800シリーズ

  • ストレート型シュリンクラベラー
    SRSシリーズ

会社概要
社名 光洋自動機株式会社
代表者 山下 宣行
本社所在地 神奈川県横浜市港北区綱島東6-12-1
電話番号(代表) 045-542-3161
支社 新横浜工場
主な事業内容 包装機械(各種ラベラー、証紙貼機、オートストッカー、シリンジアッセンブル機、ロンドレーション機、封緘機など)の開発、製造、販売、サービス
主要取引先 東洋製罐株式会社、株式会社吉野工業所、コカ・コーラシステム、キリンビバレッジ株式会社、アサヒ飲料株式会社、花王株式会社、キッコーマン株式会社、メルシャン株式会社、武田薬品工業株式会社、中外製薬株式会社、第一三共株式会社、塩野義製薬株式会社、ヤンセンファーマ株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、テルモ株式会社、学校法人北里研究所、財団法人化学及血清療法研究所、財団法人阪大微生物病研究会、日揮株式会社など
URL http://www.koyo-jidouki.co.jp