• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > 新製品情報 > 微粉砕の製粉可能な「小型製粉ユニット(CMU30A)」

新製品情報

微粉砕の製粉可能な「小型製粉ユニット(CMU30A)」

サタケ

 「小型製粉ユニット」は、米粉を微粉砕する少量製粉の可能な小型製粉機である。特長は、(1)平均粒度40μmで細かい粒度を実現、(2)ユニット化で簡単に据付や操作が可能でメンテナンスも容易、(3)湿式製粉にも対応可能(オプションの熱風発生装置を装着した場合)の3点。
 湿式製粉は損傷澱粉を少なく抑えることができ、ふっくらと焼き上がる米粉パンやお菓子をつくることができる。また粉砕方式では衝撃式粉砕を採用し、対象原料は白米の他に玄米、小麦、そばなどと用途に合わせて幅広く使用できる。主に全国の製粉(小麦粉、米粉等)メーカーや地産地消を目指す個人事業主向けに、小売希望価格は990万円(税別)で販売。
 小麦の代替品としてパンや菓子づくりに使用できる米粉は、細かな粒子が要求されるため自家製粉が難しく、製粉業者への委託製粉か販売されている米粉の購入が一般的であった。そのため、六次産業化を目指す個人や小規模事業主からの小型製粉ユニットを求める声に応えたものだ。
 
(※)損傷澱粉...製粉時に過度な力が加わることによって発生する傷の多い澱粉。製パン時に水を含み過ぎてしまうため、生地が分離する原因になる。

日本包装機械株式会社 シュリンク包装
共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー