• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > 新製品情報 > 「開ける」テープ結束機NK-12型

新製品情報

「開ける」テープ結束機NK-12型

ニューロング

 野菜や麺などの食品包装を封函するテープ結束装置である。食品を入れた包装袋の口を装置挿入部に差し込むとセンサーで検知し、包装を巾着状に絞りながら独自専用テープで合掌貼りする。
 専用テープには、粘着剤が一定の間隔で塗布されており、同間隔で糊無し部分ができ、結束時に糊無し部分が両先端に来るように自動制御される。よって袋を開けるときは、テープ両先端を指で摘まみ、左右に引っ張れば女性や子ども、高齢者でも簡単に開封できる仕様である。
 通常の先端まで合掌貼りされた巾着結束の場合、開封には強い力が必要だが、この方式では簡単に開封ができるのが特徴だ。また糊部と糊無し部とは色が違うので、摘むか所が一目で識別できる。さらにテープの糊部には再粘着性があり、開封後の再結束もできる。
 そのまま再封ができ、袋止めなど器具も要らいない。またジッパーなど再封機能を持つ包材と比べ、ランニングコストを低く抑えられる。結束機「NK-12型」の処理能力は、毎分最大70袋で、専用テープは幅9mmの1袋分で標準80mm使用する。

日本包装機械株式会社 シュリンク包装
共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー