• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 湖池屋:国産じゃがいもを100%使用チップス

ニュースフラッシュ

湖池屋:国産じゃがいもを100%使用チップス

2016.12.01

n_20161201_02.jpg 湖池屋は、新生の湖池屋の第1弾「KOIKEYA PRIDE POTATO」ブランドから「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」「同 松茸香る極みだし塩」「同 魅惑の炙り和牛」の3品(63g)を、2017年2月6日から全国CVSで、2017年2月13日から全国スーパーマーケットなどの一般チャネルで発売する。
 「2016年10月1日」が同社のコーポレートブランドを統合し、創業の原点「株式会社湖池屋」として新たな一歩を踏み出した日である。その"新生・湖池屋"を象徴するものが「KOIKEYA PRIDE POTATO」である。
 素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げなど料理をつくるように、ポテトチップスづくりにこだわっていた創業時代の精神に立ち返った商品化である。日本産のじゃがいもを100%使用し、素材も製法も一切の妥協なく、老舗のプライドをかけた理想のおいしさである。
 カラッと軽やかなのに味わい深い、「これぞ日本のポテトチップス!」と呼ぶにふさわしい一品である。「秘伝濃厚のり塩」」は、「3種の塩」と風味豊かな国産青のりが織りなす絶妙な味わいに、アクセントで3種の唐辛子をブレンドしたものである。口の中に広がるのりの風味と、濃厚な味付けが秘伝の味だ。
 「松竹薫極みだし塩」は、焼津産かつお節と日高産昆布の重なり合う2つの旨味に松茸の風味を加えることで、奥深い和食ならではの味わいを感じられる「和にこだわった」ポテトチップスに仕上げている。「魅惑の炙り和牛」は、厚く切った高級和牛を炭火で炙ったような香ばしくてジューシーな旨味に、黒胡椒で味にキレを加えた濃厚な味わいである。