• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > コカコーラ:史上初ローズヒップ配合の機能性表飲料

ニュースフラッシュ

コカコーラ:史上初ローズヒップ配合の機能性表飲料

2016.12.02

n_20161202_02.jpg コカ・コーラシステムは、機能性表示食品「からだ巡茶 Advance(アドバンス)」(410ml、希望小売価格149円・税別)を、2017年1月30日から全国で発売する。「体についた脂肪を減らす」機能があることが報告されているローズヒップ由来ティリロサイドを配合した、飲料史上初の機能性表示食品である。
 すっきりとしたウーロン茶ブレンドの飲みやすい味わいが特長で、「からだ巡茶」と同様「薬日本堂」の協力で、からだの巡りに着目した7種の東洋素材にローズヒップエキスを加えて仕上げたものだ。
 同ブランドは2006年の発売以降、女性から非常に高い支持を得ており、「からだの中からキレイでいたい」との健康ニーズに対応している。とくにトクホ・機能性表示食品に求められる機能の第1位の「脂肪対策ニーズ」に対応したものである。