• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 亀田製菓:紀州産南高梅の乾燥梅肉2.6倍

ニュースフラッシュ

亀田製菓:紀州産南高梅の乾燥梅肉2.6倍

2018.01.05

n_20180105_02.jpg 亀田製菓は、だしと梅のいい塩梅が楽しめる「手塩屋うめ味」(8枚、参考小売価格200円・税別)を期間限定(9月末まで)で、2018年1月15日から全国で販売する。生地、焼き、味つけと"手塩にかけて"こだわった堅焼きのおせんべいである。2005年の発売以来、日本人の嗜好、様々な食材との組み合わせにより、新しい味を展開している。
 1枚1枚丁寧に「ぶくっ」とふくらませ、鹿児島県枕崎産の鰹節と昆布のだしを効かせ、口いっぱいにふくよかな香りと旨みが広がる。コク深いだしの旨みと、爽やかな紀州産南高梅の乾燥梅肉は相性がよく、この2つをバランス良く合わせて味付けしたものだ。
 2018年は、紀州産南高梅の乾燥梅肉の使用量を2.6倍にし、より本格的な梅の味わいを実現している。だしの使用量も1.1倍と、梅とだしのバランスを整えたものだ。