• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > サントリー:新しいビールのおいしさを提案

ニュースフラッシュ

サントリー:新しいビールのおいしさを提案

2018.02.08

n_20180208_02.jpg サントリービールは、新しいビールのおいしさを提案する「海の向こうのビアレシピ オレンジピールのさわやかビール」と「同 芳醇カシスのまろやかビール」の2品(350ml)を数量限定で、2018年4月10日から全国で新発売する。
 「最高のうまさで、ワクワクさせたい」とのビジョンのもと、多様化するニーズを捉えた多彩な味わいのビール類の提案である。2018年4月からビールの定義が改正され、より幅広い中味開発が可能となったことによる。世界各地の様々なビールの楽しみ方や原材料の使い方をヒントに、新しいビールのおいしさを提案する。 
 「オレンジピールのさわやかビール」は、カリフォルニアで楽しまれている、ビールにオレンジを添えるスタイルにヒントをえたものだ。オレンジピールとコリアンダーシードに加え、柑橘系の香りが特長のホップを使用することでオレンジを添えたようなフレッシュで爽やかな香りを実現する。
 小麦麦芽を一部使用し、上面発酵酵母で醸造することでやわらかい味わいに仕上げている。パッケージでは、シルバーを基調にブランドロゴを缶上部に堂々と配し、ターコイズブルーの帯とオレンジのイラストで中味特長を分かりやすく表現している。
 「芳醇カシスのまろやかビール」は、ベルギーで親しまれているフルーツビールにヒントをえたものだ。カシスを使用し、麦芽の配合をバランスよく調整することで、まろやかな口当たりと鮮やかな赤の色合いを実現する。パッケージでは、ゴールドを基調に濃い赤の帯とカシスのイラストで、中味特長を分かりやすく表現している。