• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > アヲハタ:低カロリーフルーツジャム

ニュースフラッシュ

アヲハタ:低カロリーフルーツジャム

2018.02.09

n_20180209_01.jpg アヲハタは、低カロリーフルーツジャム「アヲハタ カロリーハーフ」シリーズの3品(150g、参考小売価格234 円・税別)をリニューアルし、2018年2月16日から全国に出荷する。一般的な低糖度ジャムに比べてカロリーを半分にしたジャムである。ファインフルーティー製法を採用し、フルーツ本来の香りとおいしさを向上させたものだ。
 2011年2月に「カロリー50%カット」シリーズを発売し、2013年8月に「カロリーハーフ」シリーズとして「カロリー半分」との商品コンセプトは受け継ぎつつ、シリーズを刷新したものである。リニューアルでは、ラベルデザインもコンセプトの「カロリー半分」が伝わるものに一新している。またシリーズの容量を170gから150gに変更した。
 ファインフルーティー製法により加熱を抑えてフルーツへのダメージを低減し、フレッシュな果実感と鮮やかな色合いと香りの飛散と成分の変化を抑えている。フルーツの「さわやか・フルーティー」な香りをジャムのなかに戻し、果実に近いフルーツ本来の香りに近づけたものだ。
 さらに充填時にジャムとふたとの隙間に残る酸素を窒素で置換し、容器中の酸素を極力減らして風味の劣化を抑え、鮮やかな色合いとフルーツ本来の香りを長持ちさせている。