• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キリン:段ボールにFSC認証ラベルの付与

ニュースフラッシュ

キリン:段ボールにFSC認証ラベルの付与

2018.05.14

n_20180514_01.jpg キリンホールディングスのグループ会社のキリンビバレッジは、2018年5月上旬の製造分から、グループとして初めて本格的に段ボールにFSC認証ラベルの付与を順次開始した。今回、清涼飲料段ボールへの付与を開始し、環境(生物多様性)に配慮した森林の保全につながるFSC認証の認知度を広げる機会になると考えている。
 グループでは、段ボールの約70%をすでにFSC認証紙へ切り替えているが、その取り組みの認知度を広げるため、FSC認証ラベルの付与を開始するものである。2020年末までに酒類、清涼飲料など国内綜合飲料各社の紙製容器包装に使用するすべての紙を100%FSC認証紙へ切り替えることを目指している。
 これまでも、国内酒類・飲料メーカーとして初めてキリンビール社の「一番搾り」などのビール6缶パックや、キリンビバレッジ社の缶コーヒー「キリン ファイア」の6缶パック、2017年10月からフルリニューアルした「キリン一番搾り生ビールセット」のギフトボックスなどで認証ラベルの付与を行ってきた。
 「キリングループ長期環境ビジョン」のなかで、「水資源」「生物資源」「容器包装」「地球温暖化」の4つの柱を重要なテーマとして掲げており、SC認証紙への切り替えは「生物資源」と「容器包装」のテーマに当たり、容器包装の材料の持続可能性を高めることで"持続的な生物資源使用、容器包装使用"を実現するための取り組みである。
 2013年には「キリングループ持続可能な生物資源調達ガイドライン」および、国内での「紅茶」「紙・印刷物」「パーム油」の調達に関する行動計画を策定し、今後も行動計画で定めた取り組みを継続していく考えである。