• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > ファンケル:混ぜるだけで野菜を補う

ニュースフラッシュ

ファンケル:混ぜるだけで野菜を補う

2018.05.15

n_20180515_01.jpg ファンケルは、混ぜるだけで野菜を補う新発想の「濃縮野菜 国産ケール 100%」(15袋入り×2、販売価格4,320円・税込)を、2018年5月17日から通信販売で発売する。ケールを濃縮したピューレー状の冷凍野菜である。
 飲み物や料理に混ぜるだけで緑黄色野菜1日分(120g相当)を手軽に補える。度を保つ新製法を採用し、採れたてのケールのおいしさが味わえるとともに、ケールに含まれる成分をしっかりと摂ることができる。
 原料のケールは「野菜の王様」とも呼ばれ、トマトやキャベツなどの野菜全般と比較してもビタミンやミネラルなどの栄養価が高いことが特長である。濃縮し、様々な飲み物や料理に合わせやすく混ぜるだけで、緑黄色野菜1日分(120g相当)を補うことができる。
 開発で着目したのが野菜の"鮮度"で、野菜の"鮮度"が落ちると同時に栄養成分も損なわれてしまう。そこで、国内の契約農家で栽培されたケールの収穫から充填、冷凍までの時間を極力短くして"鮮度"を保つ迅速さにこだわったものだ。
 高温で水分を一気に飛ばす濃縮工程は、"鮮度"や栄養を損なう原因となるため、低温で丁寧に濃縮する「生濃縮製法」を採用している。独自の新製法により、搾り立ての色鮮やかなケールのおいしさを味わえ、ケールに含まれる成分をしっかりと摂れる。
 濃縮でコンパクトな設計を実現し、収納で場所を取らないため、多くのストックが必要な人でも安心して利用できる。「時間をかけずに栄養バランスのよい食事をとりたい」との顧客ニーズに応えて、栄養とおいしさをキープしながら、簡単に混ぜるだけで野菜を補えるものとしている。