• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キリンビール:高濃度一番搾り麦汁ビール

ニュースフラッシュ

キリンビール:高濃度一番搾り麦汁ビール

2018.05.16

n_20180516_03.jpg キリンビールは、「キリン一番搾り生ビール」ブランドから、"高濃度一番搾り麦汁"を使用した「キリン一番搾り 超芳醇」(350ml、500ml)を期間限定で、2018年6月5日から全国で発売する。一番搾り製法ならではの"上品な麦のうまみ"がたっぷり味わえる雑味のない飲みやすい味わいである。
 こだわりの「一番搾り製法」で生み出す"おいしさ"で支持され、2018年に入ってからも前年比約6%増と好調である。とくに缶入りは多くの顧客からの高いトライアルが継続して前年比約23%増を達成し、2017年8月から9ヵ月連続で前年の販売数量を上回っている。
 "高濃度一番搾り麦汁"を採用することで、麦のうまみがたっぷりありながらも、すっきり飲みやすい味わいを実現している。"一番搾り製法"を採用した新商品の発売で、ビールのおいしさ・楽しさをあらためて提案し、ビール市場全体のさらなる活性化を目指すものだ。
 パッケージでは、一番搾りの品質感をベースに、特長である「高濃度一番搾り麦汁使用」を中心に"製法へのこだわり"と、"たっぷりとした麦のおいしさ"を伝えるデザインである。