• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > サッポロビール:フルーツフレーバーRTD

ニュースフラッシュ

サッポロビール:フルーツフレーバーRTD

2018.06.14

n_20180614_02.jpg サッポロビールは、グレープフルーツフレーバーRTD「サッポロ りらくす〈さっぱりグレープフルーツビネガー〉」(350ml、500ml、参考小売価格141円、191円・税別)を、2018年8月21日から全国で発売する。酸味のグレープフルーツビネガー(グレープフルーツ酢)を使用し、炭酸ですっきり爽やかに仕上げたものである。
 独自のサッポロりらくす製法でアルコール臭を抑えて、果実感を強めアルコール8%のストロング系RTDである。パッケージでは、みずみずしさを感じさせる果実や植物の模様をあしらい、リラックスタイムにぴったりな雰囲気を感じさせるデザインに仕上げている。
 RTDカテゴリーではレモンにつづいて売上構成比の高いグレープフルーツフレーバーを新たなラインアップし、より多くの顧客がりらくすブランドを楽しめることを目指す。りらくす製法(特許出願中)とは、フルーツビネガーを使用し、アルコール臭抑制と果実感・ボディ感の増強を図る製法である。