• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > アサヒ飲料:1970年代初頭の味わいをアレンジ

ニュースフラッシュ

アサヒ飲料:1970年代初頭の味わいをアレンジ

2018.07.04

n_20180704_01.jpg アサヒ飲料は、「三ツ矢サイダー」ブランドから「NIPPON」(500ml、希望小売価格140円・税別)を期間限定(2018年内)で、2018年7月17日から全国で新発売する。生誕135年目を迎えた日本生まれの炭酸飲料「三ツ矢サイダー」の発売当初の味わいをアレンジしたものである。
 1970年代初頭発売の味わいを現代風にアレンジしたものである。当時の"ハイティーン(10代後半)"の嗜好に合わせた、砂糖の素朴な甘さとライム等の爽やかな柑橘系の香りが感じられる設計となっている。またPETボトルを採用し、高めのガス圧設計で爽快感を実現している。
 現代の三ツ矢サイダーの爽快な味わいが生まれた、1つのターニングポイントとなる味を提案するものだ。パッケージでは、"日本生まれ"の炭酸飲料「三ツ矢サイダー」のシンボルである"矢羽根"マークを前面に象徴的に描いている。赤を基調色に、コンセプトをラベルに記載して"特別限定"を訴求する。