• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > アサヒグループ食品:ミンティア初のエナジー系

ニュースフラッシュ

アサヒグループ食品:ミンティア初のエナジー系

2018.07.27

n_20180727_03.jpg アサヒグループ食品は、「MINTIA」から「エナジーコーラミント」と「サワーレモン」の2品(50粒、希望小売価格100円・税別)を、2018年8月27日から全国で新発売する。
「エナジーコーラミント」は、"目覚めよエナジー"をコンセプトに、カフェイン、アルギニン、ビタミンB2を配合したミンティア初のエナジー系ミントタブレットである。ミントの清涼感とともにカッと熱く燃えるような新感覚の刺激をコーラ風味で楽しめる。パッケージでは、赤をベースにエナジーを感じる炎のロゴと火の鳥をモチーフに新奇性を表現している。
 「サワーレモン」は、レモンの豊かな香りと爽やかな酸っぱさで、おいしくリフレッシュできるレモンタブレットである。レモン5個分のビタミンC入りで、レモン果汁入りのアロマビーズを使用している。パッケージでは、大きなレモンの果実を中央に配し、果汁が飛び出しているような動きのあるデザインに仕上げている。酸っぱいレモンの果汁とみずみずしさを表現する。
 「ミンティア」ブランドは、タブレット菓子としてのおいしさや食感、パッケージに至る全てにこだわった多彩なラインアップの提案を通じて好調に売上を拡大している。錠菓市場では2005年5月に売上個数No.1を獲得し、2007年5月に売上金額でもNo.1を獲得している。
 2017年の売上は、販売目標200億円を上回る207億円(前年比107%)を達成し、17年連続で過去最高を更新しつづけている。同社ではブランド力の向上を図り、215億円(前年比104%)の売上を目指している。