• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 日本製粉:ビーツとベリーのスムージー

ニュースフラッシュ

日本製粉:ビーツとベリーのスムージー

2018.10.03

n_20181003_01.jpg 日本製粉は、特徴的な野菜を使用した飲料「濃恋(こいこい)野菜」シリーズから、「こいあかね」を使った「ビーツとベリーのスムージー」(160g、希望小売価格280円・税別)を、2018年10月上旬から全国で発売する。鮮やかな赤色と甘みが特徴の国産ビーツ4種とベリーを使ったスムージーである。
 「ビーツとベリーのスムージー」は栄養価の高い野菜を手軽においしく取り入れられる飲料「濃恋野菜」シリーズの第3弾として開発したものだ。ビーツは甜菜の仲間で、その栄養価の高さから近年では"スーパーフード"として注目されている。香料、保存料、砂糖を一切使わず、野菜と果物の素材そのものの甘みを楽しめる
 国産ビーツ「こいあかね」をベースに4種類のベリーを加え、酸味のあるすっきりとした味わいに仕上げたものだ。野菜や果物の食物繊維を感じられるとろりとした飲み心地である。「こいあかね」は、土作りから収穫まで契約農家と一緒に行っているこだわりのビーツだ。