• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > マルコメ:サラダにかける大豆

ニュースフラッシュ

マルコメ:サラダにかける大豆

2019.01.10

n_20190110_02.jpg マルコメは、「ダイズラボ」ブランドから「大豆のお肉」の新しいスタイルとして「サラダにかける大豆」の「ベーコン風味フレーク」と「チーズ風味フレーク」の2品(80g)を、2019年3月上旬から全国で販売する。「大豆のお肉」を加工した便利なサラダチップである。
 同社は2015年、業界に先駆けてレトルトタイプの大豆ミートを使った惣菜の素シリーズを発売している。それ以降、大豆のお肉シリーズとして乾燥タイプや冷凍タイプなど、様々なラインアップを展開してきた。そのなかで乾燥ミンチをクルトン代わりに使う、新たなサラダチップとして商品化したものだ。
 クルトンやベーコンチップの代わりに使え、化学調味料は使用せずに大豆の栄養はそのままにカリっとした食感でサラダ以外のメニューにも使いやすい味に仕上げている。化学調味料は使用していません。