• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > ポッカサッポロ:すいか風味の炭酸飲料

ニュースフラッシュ

ポッカサッポロ:すいか風味の炭酸飲料

2019.02.09

n_20190209_02.jpg ポッカサッポロフード&ビバレッジは、「がぶ飲み」ブランドから「メロンクリームソーダ」(500ml、希望小売価格140円・税別)を刷新して2019年2月11日から、新商品「すいかサイダー」(450ml、希望小売価格130円・税別)を自販機ルート限定で2019年4月1日から全国で新発売する。
 がぶがぶ飲めて遊び心のある味わいが特長のブランドで、1995年発売の「ミルクコーヒー」からはじまり、「メロンクリームソーダ」や「フルーツミルク」などのフレーバーをラインアップに加えながら展開してきた。
 なかでも最も人気の高い「メロンクリームソーダ」は、メロンソーダにアイスクリームが溶け込んだようなまろやかな味わいが人気である。今回、「メロンクリームソーダ」をメロンの風味はそのままに炭酸の爽快感をアップし、アイスクリームのようなクリーミーな風味と香りを強くしたものだ。
 パッケージデザインでも、フレーバーの特長やユニークさを表現したデザインに変更している。また自販機ルート限のすいかフレーバーは、真っ赤なすいかの果肉をイメージした鮮やかな液色に、みずみずしいすいか風味の炭酸飲料に仕上げている。