• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キリンビール:ワインカスクブレンド

ニュースフラッシュ

キリンビール:ワインカスクブレンド

2019.05.09

n_20190509_02.jpg キリンビールは、英・ディアジオ社所有のスコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」から、2018年に引きつづき「ワインカスクブレンド」(700ml)を数量限定(8,000C/S:9L換算)で、2019年5月28日から全国で発売する。華やかな香りと熟したフルーツのような味わいが特長のスコッチウイスキーである。
 ウイスキーのみならず食べ物やワインに造詣の深いブレンダーのエイミー・ギブソン氏がブレンドした、ワインのように食事やデザートとのマリアージュを楽しめる新しいスコッチウイスキーである。
 2018年5月の発売の際、ワイン樽熟成の原酒をブレンドしフルーティで華やかな味わい、クラフト感あるデザイン性から多くの顧客に好評を得たようだ。2019年はより多くの人が楽しめるよう、2018年の約1.5倍の数量を発売する。
 モルトとグレーンが原材料のブレンデッド・スコッチウイスキーである。モルトにはディアジオ社の最先端技術を集結した蒸溜所「ローズアイル」などで蒸溜した原酒を、グレーンにはスコットランド最大級のグレーンウイスキー蒸溜所「キャメロンブリッジ」で蒸溜した原酒などをブレンドしている。
 パッケージでは、「ジョニーウォーカー」の特長の「スクエアボトル」と「斜め24度傾いたラベルデザイン」はそのままに、ラベル紙の質感と色合いでクラフト感を表現したデザインに仕上げている。