• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > サントリー:熱中症対策飲料

ニュースフラッシュ

サントリー:熱中症対策飲料

2019.05.13

n_20190513_02.jpg サントリー食品インターナショナルは、「サントリー天然水」から熱中症対策飲料として「うめソルティ」(540ml、希望小売価格131円・税別)を、2019年6月18日から全国で発売する。「天然水」と梅を掛け合わせた、すっきりゴクゴク飲める熱中症対策飲料である。
 近年、熱中症による救急搬送者数は増加傾向で、2018年の救急搬送者数は過去最高となった。熱中症対策の1つとして、意識的な水分補給が呼びかけられているが、既存の熱中症対策飲料について「甘さが気になる」「夏の暑いときにはすっきりゴクゴク熱中症対策したい」との声があったようだ。また一方で、「夏場は"梅"入りのおにぎりを選ぶ」「現場作業の休憩時には"梅"の菓子を食べる」など、熱中症対策として"梅"を意識的に摂っている顧客も多い。
 そこで、国産南高梅果汁や梅エキス、海塩などを加えた、梅の味わいとほどよい塩味がすっきりと楽しめる味わいの「天然水」を発売するものだ。パッケージでは、梅を分かりやすく配して「天然水」ブランドの雪山をデザインし、冷たく清冽なおいしさを表現している。