• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 日新製糖:オリゴ糖シロップ

ニュースフラッシュ

日新製糖:オリゴ糖シロップ

2019.07.09

n_20190709_01.jpg 日新製糖は、オリゴ糖シロップ「カップオリゴ」(500g、希望小売価格2,980円・税別)を、2019年7月8日から通信販売「カップ印マーケット」やアマゾンなどのECサイトで新発売する。腸内のビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖を高純度で配合し、おなかの調子を整える特定保健用食品である。
 近年、「菌活」がトレンドなど腸や腸内細菌に注目が集まっている。「カップオリゴ」は、おなかの調子や健康に気を使う人向けに、同社が長年培ってきたオリゴ糖の研究と独自の発酵技術で開発した高品質なオリゴ糖シロップである。
 腸内のビフィズス菌(善玉菌)を適正に増やすガラクトオリゴ糖を配合し、おなかの調子を良好に保つ工夫がされた食品で、特定保健用食品の表示許可を受けている。ガラクトオリゴ糖は、ほかのオリゴ糖に比べビフィズス菌を助ける力が強いのが特長である。
 直接腸まで届くガラクトオリゴ糖をビフィズス菌が食べることで、おなかの動きを活発にする短鎖脂肪酸を生み出す。高純度のガラクトオリゴ糖の原液を使用し、小さじ1杯(約4~8g)でビフィズス菌を増やす量を摂ることができる。
 熱や酸に強くヨーグルトや飲み物、旬の野菜やフルーツなどを使った毎日の料理などに幅広く活用できる。ガラクトオリゴ糖は母乳にも含まれ、EUでは粉ミルクへの配合も奨励されているなど、赤ちゃんや妊婦にも安心して使用できる。