• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キリンビール:一番搾りの「黒生」

ニュースフラッシュ

キリンビール:一番搾りの「黒生」

2019.08.09

n_20190809_01.jpg キリンビールは、「一番搾り」ブランドで好評な黒ビール「黒生」(350ml、7L、15L)をリニューアルし、2019年8月中旬から順次切り替える。缶商品は8月中旬製造品から順次切り替えて、樽詰生・小びんは10月上旬製造品より順次切り替える予定である。
 秋から冬にかけ、黒ビール市場は間口が拡大する傾向にある。「黒生」は、麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」をベースに雑味のない芳醇なおいしさが評価され、2018年10~12月の販売数量が前年比約1割増と大きく伸長している
 今回のリニューアルでは、同様の低温麦汁ろ過製法を新たに採用し、麦芽の配合の工夫を行い、雑味や渋味をより低減させて芳醇な旨みが感じられながらも飲みやすいおいしさを実現している。
 パッケージでは、一番搾りロゴを大きく配し、商品名を2段で大きく記載することで「一番搾り」ブランドの認知を高め、「一番搾り」のおいしいところだけを搾っている印象を強化している。また金蓋を採用し、英文を2行組に変更することで品質感を高めている。