• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > UCC上島珈琲:ボトル缶入りブルーマウンテン

ニュースフラッシュ

UCC上島珈琲:ボトル缶入りブルーマウンテン

2019.08.09

n_20190809_03.jpg UCC上島珈琲は、「BLACK無糖」の誕生25年を記念し、ボトル缶入りの「ブルーマウンテンブレンド」(275g、希望小売価格168円・税別)を数量限定で、2019年9月2日から全国で発売する。最高級プレミアムコーヒーとして人気のブルーマウンテンコーヒーを贅沢に使用したボトルコーヒーである。
 ブルーマウンテンコーヒーは、希少性と味わいが日本ではとくに人気の高いプレミアムコーヒーである。同社は、1981年に日本のコーヒー業界初のジャマイカ・ブルーマウンテンエリアに直営農園を開設し、40余年の永きにわたり、ブルーマウンテンコーヒーの品質を栽培段階から追求している。
 自社農園のみならず、同エリアの生産者への技術指導にも力を注ぎ、自然災害や病虫害の被害を受けた際には現地の生産者と連携し、ブルーマウンテンコーヒーの品質向上に取り組んできた。
 ブルーマウンテンコーヒーの味わいを最大限に引き出すための焙煎とブレンドに徹底してこだわり、天然水を使用し2温度帯で抽出するなど、優雅な香り、酸味と苦味を絶妙に調和させた味わいを実現している。
 パッケージでは、ブルーマウンテンカラーの青を基調色にして、正面にはブルーマウンテンの象徴「樽」をデザインし特別感を演出している。