• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > UCC上島珈琲:COLD BREWボトルコーヒー

ニュースフラッシュ

UCC上島珈琲:COLD BREWボトルコーヒー

2019.08.08

n_20190808_02.jpg UCC上島珈琲は、PETボトル入りCOLD BREW(水出し抽出)コーヒー飲料「BLACK COLD BREW」(500ml、希望小売価格160円・税別)をリニューアルし、2019年9月9日から全国で発売する。
 同社は、1987年に業界に先駆けブラック無糖缶コーヒーを発売以来、主力ブランド「BLACK無糖」を中心に、コーヒー専業メーカーならではの高度な技術を駆使した製品づくりに取り組み、業界をリードしてきた。
 「BLACK無糖」ブランドは、「レギュラーコーヒー100%・香料無添加」を一貫してこだわり、独自の抽出方法「3温度ナチュラルドリップ製法」(特許第6086640号)などを開発し、淹れ立ての香り高いレギュラーコーヒー本来の味わいを追求してきた。
 昨今のコーヒーブームにともないニーズが多様化するなか、PETボトルコーヒーに、すっきり飲みやすい味覚が求められる傾向にある。同社では、2018年3月から、トレンドの1つであるCOLD BREWを採用した、「BLACK COLD BREW」を展開してきた。
 今回のリニューアルでは、継続して水出し抽出を採用し、澄み切った味わいを実現する。COLD BREWの味わいに最適な粗挽きコーヒーを天然水で抽出し、よりシャープなキレを強化したものだ。
 パッケージでは、マットな質感でクラフト感を表わし、男女問わず手に取りやすいユニセックスなデザインを採用している。「ブラックコーヒーをすっきり、カジュアルに飲みたい」との20~30代の若年層に向け刷新である。