• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 森永製菓:スパークリング甘酒

ニュースフラッシュ

森永製菓:スパークリング甘酒

2019.11.14

n_20191114_01.jpg 森永製菓は、甘酒市場のトップブランド「森永甘酒」から「スパークリング甘酒〈ジンジャー〉」(190ml、参考小売価格115円・税別)を期間限定で、2019年11月19日から全国で発売する。炭酸×生姜で味わう新感覚のスパークリング甘酒である。
 近年、甘酒の市場は伸長をつづけ、健康志向や美容をテーマに発酵食品としても注目されている。今回、厳選した酒粕と米麹を絶妙なバランスでブレンドした、喉越し爽やかな微炭酸入りの甘酒である。生姜パウダーを配合し、ピリッとした辛みが口いっぱいに広がるジンジャーエールのような風味が特長だ。
 冷やしてさっぱり飲みやすい品質に仕立てている。夏向けで2019年5月に発売した「スパークリング甘酒」は、購買者のうち20~40代男女の構成比が50%以上を占めるなど、若年層にも広く好評で甘酒の飲用年代の幅を拡大した。
 パッケージでは、ジンジャーエールを思わせるような緑と金色のグラデーションを基調とし、微炭酸仕立ての品質が伝わるように炭酸の泡と雪の結晶やイルミネーションをイメージした、冬ならではの催事で楽しめる華やかなデザインに仕上げている。