• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 味の素AGF:1.5倍のスティックコーヒー

ニュースフラッシュ

味の素AGF:1.5倍のスティックコーヒー

2020.01.08

 味の素AGFは、スティック一本でたっぷり飲める個包装タイプのインスタントコーヒー「ちょっと贅沢な珈琲店 グランデスタイル」(3g×7本)を、2020年2月21日から全国で新発売する。1本の容量を1.5倍にして210〜270mlのコーヒーが飲める設計のインスタントコーヒーである。
 個装タイプのインスタントコーヒー市場は、2019年4月〜9月で137%(2018年同期比)と伸長し、オフィス内で飲用される割合が高いことが特徴である。オフィスでは、コーヒーをマグカップで仕事をしながらゆっくりと時間をかけて飲むユーザーが多い。
 その過半数は、210mlサイズ以上の大容量のマグカップを使用している。オフィスで個装タイプのインスタントコーヒーを飲用するユーザー対象の調査では、「スティック1本分ではコーヒーの量が物足りない」「たくさん飲みたくても1度に2本使うのはもったいない」との声が多く聞かれた。
 そこで今回は、スティック1本の容量を1.5倍とし、210〜270mlのコーヒーがたっぷり飲める設計にしている。ゆっくりと時間をかけ飲用する際に最適なすっきりとした後味で、仕事中の「ながら飲み」など、たっぷり飲みたいときに合ったインスタントコーヒーである。