• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キリンビバレッジ:ザ・マイスターズティー

ニュースフラッシュ

キリンビバレッジ:ザ・マイスターズティー

2020.01.23

n_20200123_03.jpg キリンビバレッジは、「午後の紅茶」から甘くない微糖紅茶「ザ・マイスターズ」シリーズの新フレーバー「オレンジティー」と「ミルクティー」の2品(500ml、希望小売価格140円・税別)を、2020年3月17日から全国で新発売する。
 午後の紅茶はこれからも「上質な休息」をもたらすブランドとして、新たな魅力やおいしさ、飲用シーンを提案しシーンや場所を選ばず飲める生活に欠かせない飲料を目指す。
 2019年累計販売本数が6800万本を突破し、糖離れの進む30~40代女性の支持を獲得している。2019年3月発売の「ザ・マイスターズ ミルクティー」は、糖離れの進む30~40代の女性を中心に好評で、「午後の紅茶」の新たな飲用層の獲得に成功した。
 また太丸容器を採用しPETボトルコーヒーユーザーにも支持され、2019年の累計販売本数は6800万本を突破した。ひと手間かけたおいしさの、甘くない微糖紅茶日本紅茶協会認定ティーインストラクター監修である。
 独自技術「リーフリッチブリュー製法」で、茶葉本来の豊かでリッチなおいしさを実現したしっかりと紅茶味のするおいしさが特徴である。微糖でカロリーも気にせず、いつでも楽しめる。
 「オレンジティー」は、リーフリッチブリュー製法で引き出された茶葉本来の豊かでリッチなおいしさと、爽やかなオレンジの香りが楽しめる。世界3大銘茶のダージリン茶葉を使用し、本格的な紅茶の味わいと甘すぎないオレンジフレーバーが楽しめる。
 「ミルクティー」は、茶葉本来の豊かでリッチなおいしさとミルクのまろやかなコクが楽しめる。世界3大銘茶のウバ茶葉を使用し、甘さに頼らないやさしい味わいと「茶葉感」をアップしている。
 
(※)リーフリッチブリュー製法...抽出時の湯量に対する茶葉量を通常よりも多くすることで、旨みやコク感に寄与する成分を多く含ませることができる独自製法。