• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 大塚食品:もち麦と玄米のパックごはん

ニュースフラッシュ

大塚食品:もち麦と玄米のパックごはん

2020.01.24

n_20200124_01.jpg 大塚食品は、「大塚のごはん」から「もち麦と玄米のごはん」(150g、希望小売価格220円・税別)を、2020年3月16日から全国で発売する。もち麦50%と玄米50%の配合で炊き上げ、噛めば噛むほど白米のような甘味と、電子レンジで温めるだけで食べられる便利なパックごはんである。
 近年、生活の変化により無菌包装米飯などのパックごはんの市場は年々上昇し、今後も簡便なパックごはんの日常食利用とともに市場の拡大が期待される。また健康志向の高まり、玄米、もち麦、雑穀などの高機能精米市場が拡大するなか、大麦β-グルカンが含まれているもち麦が注目されている。
 「もち麦と玄米のごはん」は、もち麦50%を使用し、1食当たり食物繊維5.3g、大麦β-グルカンが2,900mgとれ、もち麦のモチモチとした食感と玄米のプチプチとした食感を手軽に楽しめる。
 現在、こんにゃく生まれのマンナンヒカリを使用したパックごはん「マンナンごはん」(160g)、「150kcal マイサイズ」を発売し、今後も付加価値のあるパックごはんなどを通し、おいしくて健康的な食生活を提案する。