• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > アサヒグループ食品:ブランド初のクレンジング

ニュースフラッシュ

アサヒグループ食品:ブランド初のクレンジング

2020.02.12

n_20200212_01.jpg アサヒグループ食品は、「素肌しずく」ブランド初の大容量ポンプタイプ入りクレンジング「ジェル」(500g、希望小売価格1,200円・税別)と「ミルク」(500ml、希望小売価格1,500円・税別)の2品を、2020年2月25日から全国で新発売する。プラセンタエキス(保湿成分)を配合したエイジングケアを訴求したスキンケアブランドである。
 2019年発売のブランド最大の内容量のポンプタイプは、「手軽にたっぷり使いたい」「低価格で高品質のものを使いたい」とのニーズをとらえ、20~30代の若い世代がファーストエイジングケアとして使用するスキンケアアイテムとして好評である。
 今回、好評のポンプタイプから発売するブランド初のクレンジングの2品は、4つの保湿成分(プラセンタエキス・ヒアルロン酸・セラミド・ハトムギエキス)を配合し、大容量ポンプタイプの特長の6つの無添加(無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリー・シリコンフリー・パラベンフリー)を踏襲する。
 肌に優しい設計ながらも、しっかりとメイクを落とすことができ、低刺激で敏感肌でも使用できる。大容量タイプのジェルは1g当たり約2.4円、ミルクでは1ml当たり約3.0円とコストパフォーマンスに優れている。またジェルはさっぱりした洗い上がりで、ミルクはしっとりした洗い上がりが特徴である。