• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 花王:炭酸泡の美容液

ニュースフラッシュ

花王:炭酸泡の美容液

2020.03.19

n_20200319_02.jpg 花王は、カウンセリングブランド「ALBLANC」をリステージし、炭酸泡の美容液「薬用ファーストエッセンス」(医薬部外品、1品目2品種、90g、希望小売価格10,000円・税別)を、2020年5月16日から全国で新発売する。あわせて商品やカウンセリングの提案力、コミュニケーションを強化し、カウンセリングブランドとしての存在感を高めていく考えである。
 「ALBLANC」は、2004年に誕生した花王のカウンセリングブランドである。誕生以来、「潤白美肌」をブランドの目指す美しさと位置づけ、ソフィーナカウンターを訪ねる顧客に向けスキンケア方法や商品を提案してきた。
 商品の品質や一貫性のあるブランドの世界観、生活圏内の総合スーパー(GMS)で受けられるカウンセリングなどが好評である。化粧品事業で、昨今の顧客の購買行動の変化を受け、"チャネルありき"から"顧客ありき"へとブランド配置を見直し、強いブランドづくりを推進している。
 今回、カウンセリングブランドとしてのブランドの立ち位置をより明確にすべくリステージする。商品面では、炭酸泡の美容液を発売し、ブランドを象徴する商品として育成していく。あわせてGMSカウンターでは、従来の「SOFINA」から「ALBLANC」へとロゴを順次変更する。
 肌解析機の機能追加や美容部員の提案力強化なども行い、ALBLANCならではのパーソナルな深いカウンセリング体験を実現する。デジタルを活用したコミュニケーションも強化し、ブランドの認知の拡大を目指す。ALBLANCは、グループが化粧品事業での国内を中心に注力するブランド「R8」の1つだ。