• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キッコーマン:豆乳飲料ソーダ

ニュースフラッシュ

キッコーマン:豆乳飲料ソーダ

2020.05.14

n_20200514_02.jpg キッコーマン飲料は、「豆乳飲料」から「ソーダ」と「杏仁豆腐」の2品を、2020年5月25日から全国で新発売する。「ソーダ」は、爽やかなソーダ風味の豆乳飲料(200ml、希望小売価格90円・税別)である。炭酸は入っておらず、甘さ控えめでおやつやデザート代わりとなる。
 また凍らせてシャリシャリとした食感の"豆乳アイス"としても楽しめる。食物繊維3.8gを含み、200ml、紙パック 90円・税別コレステロールはゼロである。杏仁豆腐」は、スイーツ杏仁豆腐の味わいを再現した豆乳飲料である。すっきりとした味わいである。
 そのままはもちろん、容器に移して加熱し、粉ゼラチンを溶かして冷やし固めると、ぷるぷるとした食感の"豆乳プリン"としても楽しめる。食物繊維3.5gを含み、乳原料は使用しておらず、コレステロールはゼロである。
 同社はこれまで、パックのまま凍らせる"豆乳アイス"やカップに移して温める"ホッ豆乳"、容器に移し粉ゼラチンを溶かして冷やし固める"豆乳プリン"など、豆乳の新しい楽しみ方を提案する。
 「プリン」「ブラックチョコ」には既に表示済だが、「ソーダ」「杏仁豆腐」は、2020年5月25日から発売され、それ以外のアイテムは順次に表示する。