• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 明治:「たけのこの里」初のフレーバー

ニュースフラッシュ

明治:「たけのこの里」初のフレーバー

2020.05.19

n_20200519_02.jpg 明治は、「たけのこの里」からブランド初のフレーバー「黒みつきなこ味」(61g、参考小売価格200円・税別)を、2020年5月26日から全国で発売する。黒みつときなこのチョコによるほっとする優しい甘さである。
 1979年8月誕生の「たけのこの里」は、1975年9月誕生の「きのこの山」の兄弟商品として発売され、多くの顧客から好評のロングセラーブランドである。「たけのこの里」特有のサクサクのクッキーに黒みつときなこを練り込んだホワイトチョコを、ミルクチョコでコーティングして2層としたものだ。
 「黒みつのコク」と「きなこの香ばしさ」に、まろやかなミルクチョコレートが絶妙にマッチし、ほっとする優しい甘さが楽しめる。さらなるブランド拡大とチョコレート市場の活性化を図る狙いである。