• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キリンビール:ラムネサワーの缶チューハイ

ニュースフラッシュ

キリンビール:ラムネサワーの缶チューハイ

2020.06.25

n_20200625_05.jpg キリンビールは、「旨さにこだわった麒麟の上質サワー」がコンセプトの「キリン・ザ・ストロング」シリーズから、「匠のラムネサワー」(350ml、500ml)を期間限定で、2020年7月21日から全国で発売する。
 消費増税や酒税改正により節約志向が高まることで、ストロング RTD市場は今後もさらに拡大することが予想されている。市場拡大にともないニーズは多様化し、同社調べではストロング RTD は「旨さ」や「品質感」が求められている。
 そうした背景から「旨さにこだわった麒麟の上質サワー」をコンセプトに、中味とパッケージともにリニューアルし、2020年4~5月累計販売数量では前年比7割増で好調に推移している。とくにリニューアル後は中味の「上質さ」や「本格感のあるおいしさ」が好評だ。
 5月には世界的な食品・酒類などのコンテスト「モンドセレクション」で、「レモンサワー」と「ドライサワー」の 2品がスピリッツ&アルコール部門で金賞を受賞している。
 今回発売のラムネフレーバーは、2018年と2019年ともにシリーズの期間限定品のなかで出荷量がNo.1となるなど好評である。RTDのラムネフレーバー市場は主に7~8月が最盛期で、「すっきり感」「爽快感」が求められている。
 同社の匠がこだわって開発した「旨さ」と「品質感」を兼ね備える自信作のようだ。ラムネのどこか懐かしい味わいで、爽快な強炭酸仕立てが特長である。パッケージでは、「聖獣麒麟」「麒麟特製」「フレーバー名」を大きく配し、ゴールドのエンブレムの印象を高めて、こだわりの旨さと品質感を演出したデザインに仕上げている。