• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 伊藤園:ウーロン茶飲料

ニュースフラッシュ

伊藤園:ウーロン茶飲料

2020.06.29

n_20200629_02.jpg 伊藤園は、現代人の嗜好に合ったウーロン茶飲料「烏龍茶」(650ml、275ml、希望小売価格140円、93円・税別)を、2020年7月6日から全国で新発売する。世界初の無糖茶飲料開発(1980年)から40年を経て開発したウーロン茶飲料である。
 近年、健康志向の高まりや嗜好の変化などを背景に、清涼飲料市場での無糖飲料の割合は年々拡大し、現在では49.9%となっている。世界初の缶入り無糖茶飲料「ウーロン茶」以降、これまでに様々な無糖茶飲料を開発し、無糖飲料市場をけん引してきた。
 今回は、原料茶葉に華やかで甘い香りが特徴の「色種」と、鮮やかな赤褐色の水色にすっきりとした渋みが特徴の「水仙」を使用した。茶葉の特長を最大限に生かし各々に最適な抽出を行い、バランスよくブレンドして烏龍茶本来のコクがありながらもすっきりとした後味に仕上げている。
 烏龍茶のおいしさを現代人の嗜好に合わせて最大限に引き立たせたもので、とくに食事の際に一緒に飲用することで、食事との相性の良さが実感できる。
 ボトルでは環境に配慮し、ラベルを約33%薄膜化するとともにボトル重量を約36%軽量化している。また女性にも持ちやすい"くびれ形状"を採用している。無糖飲料市場のパイオニアとして技術や経験を生かし、ウーロン茶市場の再活性化を目指すものだ。