• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > キユーピー:にんじんドレッシング

ニュースフラッシュ

キユーピー:にんじんドレッシング

2021.01.19

n_20210119_02.jpg キユーピーは、「緑キャップ」シリーズから「にんじんドレッシング」(180ml、希望小売価格260円・税別)を、2021年2月18日から全国で新発売する。にんじんエキスと酢漬けのすりおろしにんじんを使用し、その本来の甘さと手づくりのような食感に仕上げている。
あわせてコンセプトを一新し、「素材本来のシンプルな味わいとすっきりとした酸味で、野菜の味を引き立てる」シリーズとして強化を図る狙いである。健康感のあるにんじんとすっきりとした酸味の芳醇白ぶどう酢を使った、どんな野菜にもよく合う仕立てである。
 販売好調な「レモンドレッシング」に着目し、シリーズコンセプトを一新したものだ。すっきりとした酸味が好評で、2020年の売上高は約9億円と2017年以降年々伸長する。また「素材本来のシンプルな味わい」と「すっきりとした酸味」の2点を新たなコンセプトに据え、健康的な食生活に気遣う人や野菜本来の味を楽しむ人に訴求する。
 酢は、グループ会社のキユーピー醸造の独自技術で製造した「芳醇白ぶどう酢」を使用している。仕込みのときに一般的なぶどう酢の約6倍の果汁を使用し、豊かな甘みとすっきりとした酸味、芳醇な香りが楽しめる。
 近年、単品野菜でつくるシンプルなサラダや、ワンプレートで主菜にもなるパワーサラダなど、サラダメニューが多様化している。同社は、新コンセプトの「緑キャップ」シリーズを通し、顧客の幅広いニーズに応えていく考えだ。