• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > ニベア花王:クレンジング オイル

ニュースフラッシュ

ニベア花王:クレンジング オイル

2021.01.21

n_20210121_03.jpg ニベア花王は、スキンケアブランドのニベアか「クレンジング オイル ビューティースキン」(本体195ml、詰替え170ml)を、2021年4月10日から全国で新発売する。擦らずアイメイクまでよく落ちる洗浄機能と、洗うたび潤いを与えるスキンケア機能を融合させたオイルメイク落としである。
 ニベアブランドは、日本では1968年の「ニベアクリーム」発売を皮切りに、1971年「ボディケア」、1982年「リップケア」、1991年「日焼け止め」、2013年に「全身洗浄料」、2017年「洗顔料」、2019年「制汗デオドラント」とニベアブランド資産を基本に継続的な新規市場への参入を行なってきた。
 2021年は新たに8つ目となるメイク落とし市場での商品提案となる。メイク落とし市場はここ数年微増傾向で、価格帯別にみると1,000円以上のメイク落としが牽引する。1,000円以上のメイク落としユーザーは、「メイクがよく落ちること」「潤いを守って洗える」ことを重視する傾向にある。
 またメイクトレンドとしては、新しい生活様式でのマスク着用が増え、アイメイクが重視される傾向にある。今回、ニベアから「瞬感するん落ち」の美容オイルクレンズを新発売するものだ。特長の1つ目は、擦らずによく落ちることである。
 クレンジングオイルがメイク汚れに浸透し、メイクに素早く馴染む。メイク汚れを包み込み、肌への再付着を防止し、落ちにくいウォータープルーフマスカラなどのアイメイクもファンデーションも擦らずにするんと落ちる。毛穴角栓クリア成分(ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ジカプリリルエーテル:洗浄)も配合している。
 特長の2つ目は、洗うたびに潤いを与える処方で、厳選された4種の美容オイル成分(アルガンオイル、ホホバ種子油、ローズマリー葉エキス、スクワラン:保湿)を配合している。