• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > ひかり味噌:下味漬け込み用味噌

ニュースフラッシュ

ひかり味噌:下味漬け込み用味噌

2021.01.22

n_20210122_01.jpg ひかり味噌は、手軽に味噌料理を楽しむためのブランド「味噌屋のマスターブレンド」から下味漬け込み用味噌「チキンレモンのもと」「しょうが焼きのもと」の2品(42g×3、参考小売価格300円・税別)を、2021年3月1日月から全国で発売する。
 女性の社会進出増加などを背景に、メニュー専用調味料や1食分の食材と調味料がセットになったミールキットの市場が拡大傾向にある。忙しい日常でも、食事を出来合いの惣菜や冷凍食品だけで済ませず、「手づくりを食べたい」「家族に食べさせたい」とのニーズの高まりがうかがえる。
 各社発売のメニュー専用調味料の商品ラインアップは年々増え、ここ1年間で販売金額は前年比で105%まで市場が伸長している。こうしたニーズに応えて、同社では2020年3月から味づくりに熟知した味噌屋の専門家が、特別にブレンドした味噌で手軽に料理を楽しめるシリーズを展開している。