• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 雪印メグミルク:カルシウム入り減塩チーズ

ニュースフラッシュ

雪印メグミルク:カルシウム入り減塩チーズ

2021.02.19

n_20210219_01.jpg 雪印メグミルクは、しっかりしたチーズのあじわいの減塩チーズ「あじわい減塩チーズ カルシウム入り」(72g、希望小売価格210円・税別)を、2021年3月1日から全国で新発売する。
 日本人の食事摂取基準 2020年版では、食塩摂取量の1日当たりの目標量は男性7.5g未満、女性6.5g未満で、実際の摂取量は男性11.0g、女性9.3g(平成30年国民健康・栄養調査)であり、減塩の取り組みが進められている。
 「チーズの気になること」について、各世代男女への調査では「塩分が多いこと」を気にしており、とくにシニア世代での割合が高くなった。減塩商品については「塩分が少なくて味が薄そう」「旨みの余韻が弱い」との意見があった。
 今回は、塩分を35%カットし、奥行きのある旨みが特長のゴーダチーズを配合し、しっかりとしたチーズのあじわいを実現する。不足しがちなカルシウムも強化し、1本当たり食塩相当量は0.18gに抑え、カルシウムを180mg摂れる。
 減塩チーズは、通常のチーズより塩分が少なく保存性が課題となる。密封性が高く減塩商品にピッタリな包装のイージースマートパックを採用している。多様化する嗜好に応え、様々な角度からおいしさにアプローチし、好調なチーズ市場のさらなる活性化を図る狙いだ。