• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 日本ハム:長期保存可能なハム・ソーセージ

ニュースフラッシュ

日本ハム:長期保存可能なハム・ソーセージ

2021.02.28

n_20210228_03.jpg 日本ハムは、「ストックポーク」から「ウインナー」「ブロックベーコン」「ソーセージステーキ」の3品を、2021年3月1日から全国で新発売する。常温で長期間保存が可能なハム・ソーセージのシリーズ「ストックポーク」ブランドを拡大するものだ。
 近年、災害時非常食に対する需要の高まりや、コロナ禍でのまとめ買いニーズの高まりから常温品が伸長している。そこで、同社ではローリングストックやアウトドアでの利用など、新たな需要獲得を目指す。冷蔵不要で置き場を選ばず、好きなときにおいしい肉料理がつくれる楽しさを提案する。
 2019年9月に、プラスチックカップ入りの常温保管できるランチョンミートを発売しており、今回は3品計で年間12.8億円(小売りベース)の販売目標は設定している。