• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > サントリー:琥珀色の新ブレンド茶

ニュースフラッシュ

サントリー:琥珀色の新ブレンド茶

2021.03.01

n_20210301_02.jpg サントリー食品インターナショナルは、緑茶「伊右衛門」ブランドから新発想ブレンド茶の「京都ブレンド」(600ml、希望小売価格140円・税別)を、2021年4月6日から全国で新発売する。京都福寿園茶匠のブレンド技術による雑味のない上質な味わいと琥珀色の水色が特長のブレンド茶である。
 緑茶「伊右衛門」は、2020年4月発売以来の最大のリニューアルで、淹れ立の緑茶のような豊かな旨味・香りと穏やかな渋みによる飲みやすさ、鮮やかな緑の水色が好評である。
 今回は、「お茶の質は、色に出る」との考えを緑茶に限らずブレンド茶でも踏襲し、一目で分かる美味しさと上質さを持った新ブレンド茶である。厳選した焙じ茶と京番茶、大麦、炒り米、和紅茶の5つの素材を使用し、複層的な焙煎香を持つ飽きない飲み口に仕上げている。また密閉構造ドリップ抽出と高精度濾過の採用で香ばしさや軽やかさを楽しめる。
 パッケージでは、透き通る琥珀色の水色を体感できるよう、「伊右衛門」同様の四角いボトルに幅の狭いロールラベルを採用する。和紙の茶包紙を彷彿とさせる生成りのラベルと黒キャップに、京都茶舗のこだわりや新しさを感じさせるネーミングロゴ「京都ブレンド」を配し洗練された上質感を表現する。