• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > ポッカサッポロ:レモンまるごとの提案

ニュースフラッシュ

ポッカサッポロ:レモンまるごとの提案

2021.03.01

 ポッカサッポロフード&ビバレッジは、「ポッカレモン」からくし切りにカットし冷凍レモン「そのまま使えるカットレモン」(200g)を、2021年2月22日からエリアを全国に拡大し発売した。また業務用「まるごと果実のレモンシロップ」(300g、希望小売価格450円・税別)を業務用ルート限定で新発売した。
 同社は「ポッカレモン」の1957年発売以来、レモンの用途訴求や容器、容量のバリエーションなど、60年以上にわたり時代の変化に合わせた展開をしている。家庭料理で使用できる「ポッカレモン100」をはじめ、レモンのおいしさを手軽に体感できる飲料「キレートレモン」、飲食店で使う業務用など、家庭の食卓から外食まで生活に寄り添うレモン商品を提供しつづけている。
 2020年は、冷凍カットレモン「FROZENポッカレモン」を立ち上げ、「そのまま使えるカットレモン」を関東エリア限定で発売した。コロナ禍で家庭内需要は高まるなども多くの顧客から好評である。今回は、全国にエリアを拡大するものだ。
 「レモンシロップ」では、「外食ならではの体験」の価値提供のサポートとして、レモン果汁だけでなく果皮や果肉も含めたまるごと使用したメニューの展開ができる業務用ルート限定の新商品である。「まるごと果実」の「レモンサワー」「レモネード」など、様々な外食メニューを提案していく考えだ。