• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 森永乳業:カップアイスのカフェフロート

ニュースフラッシュ

森永乳業:カップアイスのカフェフロート

2021.04.05

n_20210405_01.jpg 森永乳業は、「れん乳」シリーズから初となるアイス「カフェフロート」(150ml、希望小売価格140円・税別)を、2021年4月12日から全国で新発売する。創業の起源で100年以上の歴史を持つ「加糖れん乳」を使用し、れん乳のコクと甘さが楽しめる。
 エチオピア産モカのコーヒーエキスを使用した微細氷のコーヒーかき氷の上に、濃厚なれん乳アイスをドーム状に充填したカップアイスである。パッケージでは、「森永ミルク 加糖れん乳」のキャラクター"ミルリン"をデザインし、安心感と懐かしさを表現している。
 ミルリンは、1956年当時に「森永ミルク 加糖れん乳」と「森永βドライミルク」(育児用の調製粉乳)の2つの商品に初めて採用されたキャラクターだ。画家が描いたもので、その後様々な商品パッケージのシンボルとして活躍している。
 誕生56年目の2012年に名前を公募し、ミルクをたくさん出してくれた牛さんで、首のベルがリンリンと鳴っているイメージからきた、かわいらしい名前として、「ミルリン」に決定したものだ。