• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 味の素AGF:環境配慮型ドリップコーヒー

ニュースフラッシュ

味の素AGF:環境配慮型ドリップコーヒー

2021.05.01

n_20210501_03.jpg 味の素AGFは、「AGFプレミアムドリップ」から「ドリップオンザワールド グリーン」(8g×20袋)を、2021年4月26日から通信販売限定で新発売する。コーヒー豆から包材に至るまでこだわった、地球にやさしい環境配慮型ドリップコーヒーである。
 近年、マイクロプラスチックによる海洋汚染が問題視されSDGsの項目にも含まれるなど、環境問題に関する意識が高まっている。こうした背景から、2020年10月にロハコ限定で先行販売された「ドリップオンザワールド グリーン」を通販限定で展開するものだ。
 コーヒー豆は、レインフォレスト・アライアンス認証農園産を100%使用し、コーヒードリッパーに使用される石油由来原料を再生可能資源の植物由来に100%置き換えたドリッパーを日本で初めて採用する。また外箱にはFSC認証紙を使用するなど、コーヒー豆から包材に至るまで環境配慮にこだわる。
 グアテマラ豆をベースにブレンドしたやわらかな酸味と柑橘系のさわやかな香りのやさしい味わいが特長で、パッケージではブランドの世界観とともに自然や生き物へのやさしい想いを表現した可愛いデザインに仕上げている。
 「ドリップオンザワールド グリーン」は、「ドリップコーヒーで世界一周のトリップを」をコンセプトに、ブランドのキャラクターのドリップ氏が手紙を添えて世界のコーヒーを届けるシリーズである。