• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 雪印メグミルク:機能性表示野菜飲料

ニュースフラッシュ

雪印メグミルク:機能性表示野菜飲料

2021.09.10

n_20210910_01.jpg 雪印メグミルクは、「ベジサポ 速菜チャージ」から「野菜&フルーツミックス」(100ml、希望小売価格138円・税別)を2021年9月14日から、「青汁ミックス」(100ml)を10月5日から全国で新発売する。不足する「1食分の野菜」を摂取できる機能性表示食品の野菜飲料である。
 厚生労働省は「健康日本21」で、生活習慣病などを予防し健康寿命の延伸のための目標値として「野菜類を1日350g以上」摂ることを掲げている。だが、実態は各性別年代すべてで野菜不足となっているのが現状である。
 またコロナ禍の在宅時間の増加など、ライフスタイルの大きな変化により、生活者の健康意識は高まっており、野菜系飲料(紙パック)の平均購入規模は伸長している。同シリーズは、同社実施の野菜飲料に関するインタビュー調査の結果をもとに、顧客の野菜飲料に対するニーズに応えした商品である。
 「おなかの調子を整える」「脂肪や糖の吸収を抑える」との健康機能を訴求できる素材、難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品で、野菜飲料では初めて100mlサイズのPET容器を採用し、ストローなしで「クイっ」とひと飲み切ることができる。