• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > ヤクルト:野菜入り低果汁飲料

ニュースフラッシュ

ヤクルト:野菜入り低果汁飲料

2021.09.10

n_20210910_03.jpg ヤクルト本社は、野菜入り低果汁飲料「きになる野菜」(125ml、希望小売価格67円・税別)シリーズの「1食分の鉄 アップル&キャロット」「たっぷり食物せんい 白ぶどう&ほうれん草」「1食分のマルチビタミン 赤ぶどう&トマト」の3品をリニューアルし、2021年10月4日から全国で発売する。おいしく野菜を摂りたい人向けの野菜入り低果汁飲料である。
 今回、内容成分とパッケージデザインをリニューアルし、シリーズ全体のブランドの活性化を図る狙いである。同社では、2021年10月~2022年3月までに3品合計で18万3000C/Sの販売目標を掲げている。 
 「1食分の鉄 アップル&キャロット」は、現行風味を維持しながら不足しがちな鉄分を1個で手軽においしく1食分(2.3mg)補給できるよう、栄養成分を強化した。
 「たっぷり食物せんい 白ぶどう&ほうれん草」は、現行風味を維持しながら、不足しがちな食物繊維を1個で手軽においしくたっぷり(2.1~3.1g)補給できるよう栄養成分を強化した。また3品ともに含まれる栄養成分の分かりやすい商品名に変更し、統一感が図れるよう野菜と果実名を入れ替えた商品名に変更した。
 パッケージでは、強化する栄養成分を端的に訴求し、素材(野菜、果実)がイメージしやすいデザインに変更している。手に取りやすく親しみやすいイラスト調のデザインである。