• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

トップページ > ニュースフラッシュ > 花王:ブランド初の泡消毒液

ニュースフラッシュ

花王:ブランド初の泡消毒液

2021.09.14

n_20210914_02.jpg 花王は、「ビオレ」から初の泡タイプ消毒液『ビオレガード 薬用泡で出る消毒液』(指定医薬部外品)を、2021年10月16日から全国で発売する。ハンドソープ(2品目)と手肌ケア(1品目)、洗浄道具(1品目)を、2021年10月16日から順次発売する。
 昨今の衛生的な意識の高まる日常で、手指を清潔に保つ習慣を正しく定着させていくことは重要との認識から、同社は生活者の使用実態を基に設計した製品の安定的な供給に努める考えである。手指を衛生的に保つために啓発活動を行ない、一人ひとりの健やかな毎日の暮らしへの貢献を目指す。
 ハンドソープでの小まめな手洗いや、消毒液の使用は日々の暮らしに定着してきた。一方で、同社による手指消毒液の使用実態の調査では、使用量の少ないことや両手指全体へのすり込みが足りないなど、推奨される使用方法が実践されていないことが分かった。
 今回、生活者の使いやすさを考えた消毒液を提案する。有効成分配合で肌のウイルスや細菌にも効果がある。従来品は泡で出すことのむずかしかったが、今回はポンプフォーマーを通し泡で出す商品設計に成功した。泡によりポンプを押し切っても零れにくく、子どもやシニアにも使いやすい設計である。
 手に取ると泡から液状となり、手の隅々まで塗り広げやすくベタつかない使用感が特長だ。これに加えて、今秋から、一日に何度も洗う手のことを考えた薬用ハンドソープと手肌ケアの新シリーズ「ザ ハンド」を発売する。
 「泡ハンドソープ」(医薬部外品)は、摩擦レス発想の超微細な生クリーム泡をつくり出し、汚れを包み込んで浮かせて落す。くり返し行なう手洗い時間を楽しめるようにパッケージだけでなく、香りにもこだわっている。
 「手洗い後に使うハンド乳液」は、手洗いあとの濡れた肌に、そのまま使う手軽さと手指に摩擦レスに馴染む処方設計である。手洗いの際、爪の間までしっかり洗いたいけれど、上手く洗えないと人に向け、誰でも簡単に指先や爪の間まで洗える洗浄道具「つめブラシ」を品ぞろえする。